工場パートの指導役の話

今日は盆休み前の大掃除だった。

専務が私を呼び止め、「いつも早く来てくれてるよね、ありがとうございます」と笑顔で声をかけてくれた。

 

実際ベテラン数人以外で毎日早く出勤しているパートは私だけである。

出来ない人間はせめて出来ること(始業準備)をして点数稼ぎをしないといけない。

 

ありがとうと言われ気分良く作業場に入り、指導役とペアで掃除をしていたその時だった。

 

「○○さんって偉そうなのよね、上から目線で。」

 

始まった指導役の陰口大会…

 

「ほら見て今○○さんが新人の△△さんに掃除の仕方教えてるんだけど、△△さんの前歩いて偉そうに。」

 

すげー、教える時新人の前歩くと偉そうなんやww

 

ちなみに○○さんは準新人、私より2才若く、クールでマイペースに見えるが笑うととても可愛いし優しい人だ。

勿論私は彼女に嫌な感じを受けたことは1度も無い。

 

 

「えーそうなんですか!知らなかったー!私あんまり話したことなくて。他に何かあったんですか?」

 

「まあね、うんたらかんたらであーしてそーして、とにかく可愛く無いのよ!」

 

 

同調は禁物である。

話を合わせて同調すると指導役の言うところの「皆もそう言ってる」の「皆の」一員に加えられてしまうのがオチである。

 

同調せずしかし指導役のご機嫌を損ねないよう話に興味があるテイを装おうのだ。

 

昼休みにも○○さんが席を立った瞬間、

他のベテランに、「○○さんアレもコレもしてなかったのよ、普通わかるわよね~」と陰口。

 

いや、アレもコレもって、普段と担当場所違うから指示の無いことまで気が回らないのは普通だし、私も同じ立場なら絶対気づけない。

 

この調子じゃあ来たばかりの私なんて殺しにかかる勢いで悪口言われてただろう(今もかもだが)

 

 

 

しかしわりと他人に興味の薄い私からすれば、よくそれだけ人を嫌えるもんだと感心する。

 

私と指導役とでは、人に対して不快に思う閾値の幅に違いがあり過ぎて実際共感するのは難しい。

 

 

 

 

 

だだ1つ、うちの母親もそうなのだが、人様の悪口を言う時の顔と声音は、本人が思ってるより他人の目(ていうか私の目だが)には歪んで映る。端的に言うと醜いのだ。

 

 

 

 

私?

私は勿論旦那の前では非常に醜く悪口言っておりますハイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

真珠と天使と悪魔の話(追記あり)

ある質屋のネット通販を見ると、K18パールのリングが13580円であった。

重さ2.8gか…パールは若干クリーム系だが地金の色と合わせていて悪くない。照りもまあまあ。

8mmは無いな6~7mmってとこか。というと18金は最低2gはあるな。

 

うん、安い。だが転売出来る安さかは微妙だ。リングはサイズがあり購入者を限らせるし、パールはダイヤより需要が無い。

 

仮にそのパールがあこや真珠の鑑別があったとしても手数料送料差し引くと利益まで狙えるかは100%の確信を持てない。

高い確率でトントンには持っていけるだろうが…うまいこと値付けしよるわ。やめやめ。

 

と考えながら掲載写真を眺めていると、K18刻印の横に小さな刻印が。ぼけていてどうしてもはっきり見えないが何らかの打刻。

 

……!

 

 

この感覚は有名宝飾店にありがちな独自の刻印の気がする…。

パールだし金性刻印以外に他に打つべき刻印も無いし1文字の大きさだから私的刻印の可能性は低いし何より私のシックスセンスがそう言っている。

 

このうすらぼんやりとした枠…はっ!ミキモトか?ミキモトのマークなのか!?

しかし本気でぼやけててMの字全く見えない!でも枠がそれっぽい形!

 

俄然テンション上がる私。ミキモトなら価値はハネ上がる。

 

 

天使私「よく考えなさい愚か者よ…仮にも質屋のプロの人がミキモトのマークを見逃してノーブランドとして出品すると思いますか?そんなバカな話はありませんよ」

 

悪魔私「うっせー私みたいな抜けたミス連発の新人がうっかり見逃したんだよきっと。よっしゃこれで勝つる」

 

天使私「やめなさい危ない勝負は。どうしてもというならお店に問い合わせたらいいじゃありませんか」

 

悪魔私「うっせーもし問い合わせでもしてミキモトと気づかれた日にゃあ私に感謝しながら出品取り下げて値段上げるかもしんねーだろ」

 

 

 

天使私「だめだこの人」

 

 

かくしてポチっと購入したのであった…

 

 

冷静に考えれば天使が正しい。

この店にもミキモト商品が販売されており、

検品時や商品撮影時もブランドマークを見過ごすはずは無いのだ。何の刻印かは知らないが、業者がノーブランドと評している位だから価値は無いのだろう。

 

心から言おう、利益が出る確信の無いものは安易に買ってはいけない

 

 

【追記】

届いたものはまさかのミキモト刻印だった…

私天高く拳を突き上げる。

ノーブランドといって出していた担当者は私並みに仕事で無能説。

 

 

外国人とのフリマ取引

フリマサイトで外国人から8500円のものに値切りのコメントがあった。ふっ…ついに私も国際派転売ヤーの肩書きがつくのか。

 

7000daijobu?desuka?

 

 

fuzakenna(心の中)

 

ototoi-kiyagare(心の中)

 

 

丁重にググッた英語で断ると、じゃあ7900円でどっすか(意訳)と返ってきた。謎のローマ字では無く英文で。

くっこいつ…私が高校中退者(正確には高認は取った)と知って英語で挑んでくるか…!

いいだろう私にはグーグル先生がついている。受けて立つ…

 

 

最初に無理めな値段提示で交渉し値下げのハードルを下げるのは常套手段であるが甘いな、こちとら激安店で5600円で仕入れたんだよ(低レベルな争い)。

うまく値切ったつもりで仕入れ値以上で買わされ私も貴様もウィンウィンガハハ

 

いっすよ値段変更するし買ってちょ(意訳)と英文で返し

無事お買い上げされた。

 

 

普段売れそうなものには値下げ交渉にはあまり応じない私であるが、何となく気の良い人間の感じがして値引きした。

 

 

 

7900円でも割安感のある状態の良い、私も私物として持っていてもいいと思うくらい自信のある商品なので喜んでくれるといいなとは思っている。これでも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

粉瘤記録③、完結

先日抜糸した。

 

仕事帰りで大量に汗をかきベタベタの身体、

肉体労働でやつれ焦点の定かではない目にボサボサの髪、

黒い油で汚れた仕事着のポロシャツとすり減った汚いスニーカーで満を持して受付をする。

さらにはマスクを忘れるなど死角は無い。

 

 

 

流石にクリニックの外のベンチに移動し時間を潰す。

 

呼ばれて診察台へ。

サイババ「抜糸はちょっとチリチリする程度ですよ、そんなに痛くないですから」

 

 

数分後、

私「ぎゃあ!」

 

看護師「大丈夫ですか!?(手を握られる)」

 

サイババ「あれれ~おかしいなあ~」

 

私「お前いつからコナンになってん!(心の中)」

 

コナン「はい終わりましたー、後は看護師さんに家でのテープ固定の仕方きいてね、じゃ!」

 

私「せやかて工藤」

 

傷をテープ固定して終了。

完治まで2カ月はみといてくださいと言ってたな。なかなか慎重な先生である。

 

 

 

次回腫瘍の病理解剖の結果を聞きにいくのを最後に私と粉瘤の闘いは終わりを告げたのであった。

 

 

県民共済25000円はすぐにおりた。

保険金と手術通院薬代(次回最後の通院費も含む)の収支を計算すると約700円の利益。

 

耳介腫瘍摘出術は単なる皮膚皮下腫瘍摘出術よりも診療報酬点数が倍以上高いためほぼトントンやね…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

笑顔が人に及ぼす力について

参考になるかはわからないが、

敵を作りたくない、イジメに遭いたくない、冷たくされたくない

 

そんな人は一日の始まりに会う人に「あなたに会えて嬉しい!」を目で表すといいだろう。そう、キラキラした目でだ。

 

私はパート先の人間(特にベテラン及びボス格の女性)にやっている。例えば、更衣室にてボス格に鉢合わせるとしっかり目を合わせて「おはようございます」キラキラ、先輩にキラキラ、社員にキラキラ。何度もしなくていい。一日1回最初にすれば充分だ。

あくまで心からの笑顔で無邪気な好意と受け取られるようにしなければならない。媚びと思われては逆効果である。また、当たり前だが何かミスをやらかした後にやっても逆効果だ。

 

イメージは赤子の生理的微笑。庇護欲をかき立てる為の生存戦略だ。

 

 

この人嫌だな、苦手だな、という気持ちは無意識に態度に出るため、大抵相手に伝わりその気持ちも伝染するものだ。その前に先手を打って好意のジャブを打つ。

好意には好意で返ってくることが多いので(異性の場合はまた少し違うが)やってソンは無い。

好意が返ってくるとこちらもニセのキラキラが本当のキラキラになりぐっと付き合いやすくなる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おっとたかが笑顔とバカにしてはいけない。

私が以前就いていた職では患者の短期目標に「状況に応じて笑顔を作ることができる」というのもあったくらいだ。

 

まあこの場合生涯にわたり人の助けを必要とする人なのだが。

この先生きやすくなるよう他人に「無償で助けてあげたい」気持ちにさせるスキルを向上させるのだ。笑顔が人に及ぼすパワーは凄いのだ。

 

と、かつて「なんて表情の乏しい子だろうと思った」と言われたことがある私が言ってみた。

 

 

 

 

 

 

 

 

夜の街に居たときのことをふと思い出した

かつて芸能人もよく来る北新地のキャバクラで時給5000円(これで最低時給)で働いていた私だが、

今は時給880円で工場パート(副業転売ヤー)のオバハンである。

 

煌々と華やかなネオン、くだけて境界線の曖昧な、雑踏に紛れる心地よさや街全体のなんとなしの仲間意識など雰囲気は好きだったが、仕事は全く向いてなかった。コミュ障に出来る仕事ではないからだ。

人間が嫌いなので枕営業することもなかったし、手当てがつく同伴ならまだ頑張れるがアフターなんぞ一ミリも行きたくなかった(行ってたけど)。

当然お客さんを異性として惚れるなんてことはただの1度もなかった。

我ながらお前何しに働いてたんだとツッコミたくなるキャバ嬢だった。幸いにも客層が良かったのでトラブルになったことはなかったが。

 

 

 

 

 

 

 

こんな私でも常連さんが少しだけいた。

その数少ない人の中にある会社のシャッチョさんがいた。

金払いも恰幅も良い人で、こういう店にありがちの下心ギラギラの脂っこいいやらしさは全く無く、

ディナー(老舗高級クラブ)の後スタバ(うちの店)にちょっと立ち寄った、位の感覚で店に来る。

スマートに飲んでスマートに帰る。

いつも朗らかで優しく、店の女の子に大人気の「お父さんみたいなおじさん」だった。

 

1度シャッチョさん主催のマラソン大会にかり出され、前日夜に女の子数人にリーガロイヤルのスイートを取ってくれたが、別に部屋に来る事も無く。

 

 

 

 

 

今でも何故私を指名してくれてたのかさっぱりわからない。ただいつも「もっと自信を持って」とにっこり励まされた。父娘のようで1度も口説かれたことはなかった。

 

 

 

そして現在、今も根の部分では全く自分に自信が無いです。

 

今も時折そのシャッチョさんを思い出す。

頭が薄くて太っていて、でも一緒にいるだけでほっとする本当に人間的に素敵な人だった。きっとお金の力が無くても人が寄ってくる人だと思う。

 

シャッチョさんはいちキャバ嬢の私のことなぞ記憶に無いだろうが、私はずっと覚えていて、ずっと幸せでいて欲しいと思ってる。

 

 

明日からパートだ、ミスはほんの少しだけだけ減ってるんだから、

少しだけ自信を持って働こう。

 

 

 

 

大物転売

1ct近いダイヤのプラチナジュエリーが破格値…購入

質のよろしくないダイヤモンドでもこの大きさなら激安店でさえその5倍価格~はする。

 

 

以前にも書いたように

業者ではなく

取引数がかなり少ない一般人(と思われる)

初回出品

鑑別書付

小洒落たセットや小物が無い無造作写真

の人から購入した。

 

地金メインなら格安だと他のゴッド転売ヤー達が光の速さでかっさらい購入のスキは殆ど無いが、

 

宝石メインだとゴッドといえど(誰だよ)一瞬のためらいを感じ取れる。そんな商品であった。

地金と違い宝石ははっきりした転売利益計算がしにくいからだろう。

 

実際信じられないことに出品から私が購入するまでに5分もの空白時間があった(その間この文句無しの破格値から更に3割引を要求する空気読めない人間もいたが)。

 

 

ぼけた写真2枚で鑑別書写真がなければ私も見送っていた。

届いたのはグレードが低く体感的にカラーはH、クラリティはⅠ2、カットもpoor寄りのfairといったところか。

まあ想定内、それを差し引いても利益が出る価格だ。

ダイヤモンドの大きさ重視の人なら気にならない人もいるだろう。

 

しかもなんということでしょう、オマケで3本、内2本は小さな天然ダイヤモンドがついているシルバーネックレスも付いていた…

たまに金に頓着の無い慈善出品者がいるが、こちらは神と崇めるほかない。

 

 

3本のうち2本は計8500円で売れた。時間をかければもっと高値でも買い手はつくだろうがフリマ仕入れの転売品は長々と出品したくないのでさっさと売る。3本めはダイヤモンドではないので売るのに苦戦するだろう。

 

 

 

 

そしてメインの約1ctのダイヤモンドジュエリーの値付けだが

このグレードでも写真と説明文が良いなら69800円でも買う人はいる

 

59800円なら普通に購入を考える人がちらほら出てくる

 

49800円なら割安感が出てくる、

39800円なら数日で売れる

29800円なら1日かからず売れるだろう

 

まずは59800円スタートで徐々に下げていく。結果55000円で売却。大きな声では言えないがサイトの決済方法を利用できない購入者から直接取引を持ちかけられて高いショバ代(手数料)を払わず済んだ。

 

 

これで粉瘤手術でパートを休んだぶんの補填が充分に出来てほっとした。

1つの商品で純利4万超は初めてなので嬉しかった。

自分へのご褒美(何もしてない)として

 

成城石井のチーズケーキ(5%引)

成城石井の小籠包

●551の豚まん2個、餃子10個

ミスタードーナツ4個

 

旦那へ

●イオンでタスマニアビーフの焼肉セット(10%引)

成城石井のお高いコーヒー1リットル

●デパ地下でタイ直輸入の本格レトルトカレー(タイカレー好き)

 

これが庄屋さんの気分か…